初めてのコーヒー豆の選び方

毎日、店頭に立ちコーヒー豆の販売をしていると「コーヒー豆の選び方がわからない」というお客様が少なからずいらっしゃいます。色々なコーヒーを試したことがあり、自分の好みがわかっているお客様ならともかく、大多数のお客様はスペシャルティコーヒーだプロファイルだ良質な酸味だとか言われても理解が出来ないというのが本当のところでしょうし、僕もそう思います。
まずそれより自分好みのコーヒーを知るのが第一だと考えています。
そこで、初めてコーヒーを選ぶ際にどんなことを見ればいいのかをご案内します。
DSC00355.JPG

1・まずは焙煎度

これは原産国よりなによりも優先するべきです。
コーヒー豆は焙煎というコーヒー豆を煎る作業を行うのですが、
どんな豆でも深く煎れば苦味が強くなり、逆に浅めに煎れば苦味は少なめで酸味が強くなります。
見分け方は色で判別するのが一般的です。当店では入り口に近いほど浅煎りで酸味傾向、奥に行くほど深煎りで苦味傾向となるよう陳列しています。


2・ブレンドかストレートか

お好みの焙煎度がわかってきたら、次はブレンド(複数の原産地のものを混ぜ合わせているもの)かストレート(一つの原産国のもの)かで選んでいただくのが良いと思います。
ブレンドはそのお店の基準となる考え方を象徴しているものが多く、いつでも安定した味わいが手に入るようになっています。対してストレートは原産国や地域またはグレード等の表記になっており、特徴的な味わいがお楽しみいただけます。

3・品種や製法などの具体的な細かい情報

スペシャルティコーヒーの台頭により、品種や製法などにさらにこだわった個性的な豆が増えていますが、
自分の好みを知るという意味では優先度は高くありません。心の片隅にとどめておく程度にしておくのがいいと思います。

dsc00203

コーヒーの香味を決定づけるものは、「コーヒー生豆の品質×焙煎×抽出」です。
同じ品質の豆でも焙煎度が違えば香味はまったくの別物となりますし、さらに抽出の条件によっても全く違う味わいになるのがコーヒーの面白いところである一方、これからコーヒーを始めようという方には何を基準に選んだらいいかがわかりにくい原因でもあると思います。ぜひこの3つを基準に好みのコーヒーを見つけてみてください!

Enjoy your coffee!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中