コーヒー豆の保存方法について

新鮮なコーヒー豆を挽き、お湯を注いだ時のあのモコモコとした膨らみ。
コーヒーの新鮮さを示すバロメーターともなっており、どんな方法を行ってもごまかすことができません。
dsc00045

コーヒー豆は焙煎後からすぐに酸化を始め劣化していきます。
残念ながら、新鮮なコーヒー豆の保存方法は今だ発明されていなく、どんなに良いと言われる保存方法を行っても焙煎後から1カ月もすると香りが抜けてしまい、あの苦さと酸っぱさだけが残ったコーヒーとなってしまいます。

そこでコーヒー豆を購入する際には出来るだけ新鮮なものをとなるのですが、持ち帰ったコーヒー豆の保存方法があまり知られていないようなので書いておきます。

 

コーヒーの風味を劣化させる原因となるものとその対処法

①空気

コーヒー豆に酸素(空気)が触れることで、コーヒー豆の持つオイル成分は酸化していきます。
結果、酸化が進んだコーヒー豆は酸っぱくなっていきます。

→出来るだけ空気を抜いて密封するのが対処法となります。

②水分

焙煎されたコーヒー豆は非常に湿気を吸いやすい状態となっています。

→これも出来るだけ密封するのが対処法となります。それに加え、冷蔵庫等を使用した際の温度変化による結露の吸着も防がなくてはなりません。

③温度

高温であるほど劣化のスピードが速くなります。

→できるだけ温度の低い場所での保存がベストですが、冷凍庫でマイナスの温度まで下げるのは望ましくはありません。

④光

光(主に紫外線)により劣化します。

→暗所での保存または光を通さない容器がベストとなります。

 

以上の4点を踏まえたベストな保存方法は、
出来るだけ空気を抜いた密封容器で、常温で暗所または冷蔵庫内での保存がベスト。
となります。

とはいえ、冬場は気温が低いので常温での保存ができますが、夏場は気温が高いのでそうはいきません。
冷蔵庫で保存する場合は温度変化による結露吸着にご注意ください。

 

どんなに素晴らしい風味と言われるコーヒー豆を購入しても、鮮度のが落ちたコーヒーの風味は何とも言えない不快なものとなってしまいます。
ぜひ鮮度に気を付けて自宅でおいしいコーヒーをお楽しみください!

広告

One thought on “コーヒー豆の保存方法について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中